妊娠中にヘアカラーやパーマをしても大丈夫?

美容師をしていると人生の節目に立ちあう機会がとても多くあります。
そんな中でも女性の大きな変わり目が“妊娠”“出産”ですよね。

妊娠中も綺麗に過ごしたい、でもヘアカラーとかパーマとかって今まで通りにしても大丈夫なの?

ヘアカラーって赤ちゃんに悪影響があるって何と無く聞いたことがあるんだけれどどうなの?

特に初めての方は不安がつきものだとは思いますが、その疑問、不安にお答えします。

カラーもパーマも基本的には大丈夫です

ずばり言ってしまいますが基本的にはどちらも大丈夫です。
100%安心安全だよ。ということは言えませんが、平常時と同じようにヘアデザインを楽しんでいただくことは可能です。

100%ではないっていうのはどういうこと?
はこの後でご説明しますね。

医学的に赤ちゃんへの影響は認められていない

いまだに美容師でも医師でも意見が分かれているこの話ですが、ヘアカラーやパーマが胎児に影響を与えるという結果は確認されていないようです。

経皮吸収がした有害物質が子宮に蓄積する、と言う話もありますが、毎日するわけでもないヘアカラーやパーマ。この影響はほとんど考えられないようです。

それにその影響を心配するのなら、ヘアカラーもパーマも今後妊娠の予定があるなら一度もするべきではないですよね。

母体への影響には注意しましょう

赤ちゃんへの影響は内容ですが、お母さんの体はいつもと違っています。

市販のヘアカラー剤の取扱説明書には“妊娠中の使用は避けてください”と明記されているようですが、それはあくまでも母体がホルモンバランスの影響で匂いに敏感になっていたり、肌トラブルがおきやすくなっているために記載されているようです。
ちなみにこの影響でいうと、生理中も避けた方が良いということになるそうですよ。

なので、ご自身の体調がすぐれない時は避けた方が良いですし、施術中に違和感を感じた時などは無理をせずにやめるという選択肢を持っておくことも大切になります。

肌トラブルや施術中の不快感で妊婦さん本人が強いストレスを感じてしまうことが、なにより赤ちゃんへも悪影響をもたらします。
妊娠中にカラーやパーマをしたいときは、いつも以上にご自身の体調に気をつけましょう。

心配だけどやりたい方へオススメの方法

なんとなく影響がなさそうなことはわかった。
でもなんとなく心配、だけどどうしてもやりたい。

というわがままお母さんにはこんな方法もオススメです。

カラー編

頭皮につかないように塗布をする

とても安易な方法ではありますが、単純に頭皮につかなければ心配材料はほとんどないでしょう。

ハイライト、ローライトのみで施術をする

毛束を分けとり、ホイルの中のみで施術をするこれらは頭皮への影響もありませんよ。
産後にしばらく美容室に来られなさそうな方はローライトを重ねて入れることでナチュラルに暗髪になり、おしゃれに伸ばしっぱなしにもできていいですね。

パーマ編

デジタルパーマにする

液体の薬剤を使わないので直接頭皮につくことがありません。安心して施術を受けられるかと思います。

ストレスを感じないことが一番

結局は本人がストレスなく過ごせることが一番なのかなと私は思っています。

カラーもパーマも全く問題ないんだけど、シャンプー台に横になるのが苦しい。
長時間座っていることが難しい。

なんて方も中にはいらっしゃるので、そういう場合も美容室での複合メニューの施術は難しいですよね。

できれば綺麗に過ごしていただきたいですし、してあげられることは全てして差し上げたい。
というのが私の本音ですが、その時間が苦痛になってしまうのは一番辛いです。

大切な赤ちゃんを無事産むために、今は我慢をする。というのも立派な選択肢です。
綺麗なママでいるためにちゃんとマメに美容室に通う。というのも立派な選択肢です。

最終的に一番気持ちよく、過ごせる選択肢をお選びいただくのが最善策ですよ。

というお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です